初詣のおみくじは中吉でした。

2007年が始まりました。

しばらくブログを休んでいましたが、また書き始めようと
思って…

とりあえず、毎年恒例の初詣に行っておみくじを引いて
1年の指針を心に気持ちを引き締める自己行事です。


えーーーっと

今年は中吉でした。

吉凶を気にすることなく、何事も受け入れる気持ちで
おみくじを読んだ後は焚き火で、天に返します。

たったこれだけのことですが、気持ちを新たにして1年を
始めることができると思って、実行しています。


今年1年は、やはり両親の介護生活がテーマでしょう。

まだ今のところ、二人とも寝たきりになっていないので
何とか持ちこたえていますが…

すべての事実を受け入れることの難しさは、これだけは
実際にやってみないと判らないことでしょうね。


今後ますます介護福祉の現場で、弱者いじめみたいな
制度改革が進行していくのかもしれませんが、負けずに
自助努力しか道はないものなんでしょうか?

社会制度の法律改正は人間が行うことなので、いくらでも
予算の使い方に知恵をしぼることは可能だと思います。

安陪総理大臣のいう「美しい国」とは何を指しているのか
疑問ですけどね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/30712206

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。